歯科医師に向けた「歯科集患」に関する意識調査結果

ワンディー株式会社×リードプラス株式会社

歯科医療者向けメディア「1D」を運営するワンディー株式会社とリードプラス株式会社が、全国の歯科医師360名を対象に、歯科医院の経営や新規集患、ネット広告の意識等に関する実態調査を共同実施。

【主な調査結果】

・約7割の歯科医師は新規集患に課題を抱えており、人手不足やノウハウ不足がその主な要因である

・約8割の歯科医院で院長自らが新規集患を担当している

・新規集患にあたっての宣伝活動は、オフラインからオンラインへと移行しているものの、効果的な集患方法が確立されていない中、SNSYoutube広告、口コミサイトへの掲載やリスティング広告などに出稿し、試行錯誤している実態が明らかに

本調査に関する詳細レポートをダウンロードすることができます。フォームに必要事項を入力し送信してください。

資料ダウンロード