ファミリーの集客を成功させるために、実践すべき4つの集客手法とは

 2021.05.21  リードプラス株式会社

ファミリー層の集客において最初に意識すべきポイントは、大人と子ども、それぞれにペルソナが異なるという点です。両方をターゲットとしなければならないため、どちらのニーズも満たす必要があります。
そこで本記事では、ファミリー層への集客を成功させるための4つの手法を解説します。適切な施策を練り、売り上げ向上に繋げていきましょう。

ファミリーの集客を成功させるために、実践すべき4つの集客手法とは

ファミリー層の集客のポイント

ファミリー層を取り込むにあたって考えるべきポイントは何でしょうか。
ここでは親と子、両方の視点に立つことが重要になります。
親子それぞれへの集客フックとなるキーワードを以下にまとめました。
要点をおさえ、効果的なプロモーションに役立てていきましょう。

子どもと親の関心事を考える

集客においてターゲットとなる子どもと親、その双方に興味を持ってもらうためには、まず対象となる方々の関心事に目を向ける必要があります。そして、最終的にはその層の集客から販売までを結びつける導線を設定しなければなりません。
子どもたちの関心事といえば、遊ぶことや漫画やアニメのキャラクターなどです。
対象にしたい子どもの年齢層が明確ならばなおよいでしょう。遊びならば、年齢に合わせた発達度のものを用意したいところです。
キャラクターを利用するならば、こちらも年齢層に合わせたリサーチが有効です。
アニメや漫画のキャラクターと一口に言ってしまうのは簡単ですが、その対象年齢や愛好される世代はそれぞれ細かく違うものです。
幼児向けなのか、小学校低学年が対象なのか、あるいはもっと上の世代をターゲットにしているのかは、明確に差があります。
集客したい年齢層に合わせた細かいリサーチを行うことで、子ども世代へのプロモーションの成否は大きく変わってくるでしょう。

一方、親の関心事といえば知育、そして食育が有力です。
知育の面に目を向けるならば、子ども向けに塗り絵や間違い探しなどの教材を用意するのはよいアピールポイントになるでしょう。
ただし、子どもと一口に言ってもその発達度合いは年齢によって様々なのは上記の通りです。
ターゲットにしたい年齢層を特に意識して、知育に使用する教材を選んでいきましょう。

一方、食育は主に飲食業で利用できるプロモーション方法です。
提供する食材に国産の有機野菜、もしくは減農薬野菜を使用しているならば、食育を考える親御さんに対して大きなアピールポイントとなります。
有機野菜・減農薬野菜を使用している旨をポスターなどで示して、お客様に見える場所に掲載するのはファミリー客への集客手段としてとても有効です。
また食育とはやや別の観点になりますが、お子様メニューの充実も重要なポイントになります。仮に大人向けの落ち着いた飲食店であっても、子ども向けのメニューが存在するというだけで同業他社との差別化を図れるでしょう。
ほかにも、提供するメニューの栄養成分表示は、食育に熱心な親御さんなら目を光らせるポイントです。表示をメニューだけでなく、店舗のホームページに大きく掲載されていれば、お客様へ与える安心感も大きくなり、安定した集客に繋がることでしょう。

子どもに向けては、遊び・キャラクターを、親に向けては、知育・食育関連を、といったようにテーマを自社の商品と関連付けて集客することが、販売促進のために重要です。

時期のタイミングを考える

教育機関が休みとなる8月・9月やGWなどは重要な時期であり、集客において特に意識すべきポイントであるといえます。
親子揃って休暇となれば、家族でどこかへお出かけするタイミングになりますから、ここで有効なプロモーションを打てばファミリー層に大きくアピールできます。
具体的には、該当期間のみの優待プランを用意する、家族向けのセット商品を販売するなどの施策が考えられます。
この時期は、親御さんのボーナス時期と重なることが多いため、財布の紐も緩みがちになります。売り上げを伸ばすチャンスですので、タイミングを逃さないことが重要です。

リーズナブルな価格設定

「価格コンシャス」という言葉をご存知でしょうか。これは消費者にとって「買いやすい価格」であることを示す言葉であり、近年では多くの業界で意識されています。
リーズナブルな価格設定は、「ニューファミリー層」と呼ばれる、世帯年収にそれほど余裕のない若年世代などから、特に支持されています。

ファミリー層の集客を成功させる集客方法

では具体的に、ファミリー層への集客においてどのような手段が用いられるのでしょうか。
チラシのポスティング、新聞折り込み、街頭での宣伝、子ども向けイベントの開催など、とれる手段は多岐にわたります。また、ホームページやSNSの活用など、IT社会の現代ならではの方法も存在します。詳しく見ていきましょう。

イベントの開催

ファミリー層の集客において特に効果的なのがイベントです。比較的低コストで施策を打てるビンゴゲームやボールすくいなどでも集客を見込めます。ほかには親子で折り紙やお菓子作りを学べるワークショップや子ども向けの職業体験イベントなど、体験を交えることで、子どもたちに「また来たい・いきたい」と思ってもらえるように工夫をすることもできます。同時に、先述したように、親世代の関心事である知育の要素も盛り込めます。

ホームページの作成

スマートフォンを一人一台所有するのが当たり前となった現代において、インターネットはだれでも気軽に使用できる情報ツールです。
ならば、ホームページを集客に利用しない手はありません。
紙面に制限がある紙媒体と違い、ホームページなら伝えられる情報の質や量が段違いです。
ニューファミリー層の世帯にはチラシの効果がやや薄いということを考慮すると、彼らにターゲットを絞った場合には特に有力なプロモーション手段となるでしょう。
プロモーションしたいものが食品である場合、使用している食材のアレルギー表などを公式ホームページに掲載するのもおすすめです。
子どもに安心して食べさせられるレストランとして認知されれば、同業他社に対して大きなアドバンテージとなるでしょう。同時に、禁煙席の有無なども記載するといった配慮も大切です。

子どもに優しいサービスづくり

サービスを提供する現場の環境にも気を配りましょう。特に、ファミリーの集客において顕著な影響が出るのが、たばこについての扱いです。
受動喫煙の害が叫ばれて久しい昨今、受動喫煙被害に敏感な親は多いことでしょう。完全分煙、もしくは全面禁煙にするなどの対応が求められるところです。
また、子ども用チェアやカトラリーを用意することも効果的です。
それそのものよりも、総合的に見て、子どもに優しい環境づくりをする配慮が感じられるかどうかが重要です。「子どもへの気配りがおざなりだな」、と思われてしまってはファミリー層が離れていってしまうでしょう。

SNSで集客

だれでも気軽にインターネットへアクセスが可能になったことで、特にツイッターやインスタグラムなどのSNSが流行し、利用者も年々増加しています。
これらはホームページと比べて更新が手軽で、情報発信のスパンを圧倒的に短くできます。お客様からの情報へのアクセスの敷居も低く、不特定多数の客層へほぼリアルタイムに情報を同時発信できるところが大きな強みといっていいでしょう。
自身で発信するのみならず、インフルエンサーやインスタグラマーなどに宣伝してもらうことで、より広い拡散を狙うという方法も有効です。

まとめ

本記事では、ファミリー層への集客において有効となる、4つの手法を解説してきました。
たびたび触れてきたように、近年特に重要性を高めてきているのは、オンラインでの集客です。
サービス自体はオフラインのものであっても、集客を考える上でSNSなどのデジタルな手段を欠かすことは、アプローチの幅を大幅に減らすことと同義となりつつあります。
そこでおすすめなのがローカルフォリオです。心×デジタルの力であなたのプロモーションをサポートします。

株式会社ローカルフォリオ

リードプラス株式会社

地域に根差している企業の皆様から当社に寄せられる質問・相談や、インターネット広告の成果改善に関わる、さまざまな運用ノウハウを中心に、企業の成長に役立つ情報を発信中。


RECENT POST「Web集客のヒント」の最新記事


ファミリーの集客を成功させるために、実践すべき4つの集客手法とは

地域に根差している企業だからこそのインターネットマーケティングを
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インターネット広告ご相談専用ダイヤル

電話受付時間 10:00 ~ 18:00

急ぎ、TV会議・訪問商談を希望の方は
コチラから日程調整をご相談下さい

無料集客相談
・施策提案希望

既に広告予算や施策が決まっていて、
より具体的な相談の方はコチラ

指定予算における
シミュレーション希望

事例ページに記載のない導入事例など
他の事例を確認されたい方はコチラ

導入事例の
詳細説明希望

※同業他社の方の事例請求はお断り致します。予め、ご了承ください。