病院やクリニック、歯医者のブランディングとは?必要な理由や具体策を紹介

 2021.05.11  リードプラス株式会社

市場環境の変化は、病院の業界においても重要な課題となっています。地域に根ざした経営が求められる病院では、それぞれが他の病院とは異なる差別化ポイントを掲げ、経営を行うことで集患につながります。そこで本記事では、病院ブランディングの概要や求められる理由、また具体策について詳しく解説していきます。

病院やクリニック、歯医者のブランディングとは?必要な理由や具体策を紹介

病院におけるブランディングとは

ブランディングとは、企業や企業が提供している商品、サービスに対してユーザーが抱くイメージを形成するための経営戦略です。ブランディングによりブランドが確立すると、ユーザーに企業やそのサービスが認識され、企業価値が認められるようになります。

近年、病院やクリニック、歯医者では診療内容や医療設備、病棟の特徴、リハビリテーションの種類など医療サービスにおいて専門性の高さが注目されています。病院の雰囲気や地域との関わりなども他と差別化をはかるポイントのひとつです。病院におけるブランディング活動とは、雰囲気や医療サービスの特徴を明確にして、患者や従業員などに病院の特徴や方向性をイメージさせる活動のことです。

病院のブランディングが必要な理由とは

日本の医療は、これまで高齢者人口の増加に伴う医療の需要拡大に向けて、対応策が講じられていました。2025年問題の発生に向けて在宅医療体制の構築なども進められていますが、新型コロナウイルスの影響で病院をとりまく環境にはさらなる変化が生じています。
(参考元:https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000170234.pdf

新型コロナウイルスの影響により全国的に受診控えが増えて患者数が減少するなど、現在病院にとっては厳しい社会状況へと変化しています。今後は、医療と福祉、保健の連携への対応、地域に根差した医療サービスの提供なども必要とされるかもしれません。

病院が専門性をもとに細分化される傾向もあり、病院の特徴が明確にされていないと、患者から選ばれにくくなる恐れがあります。ブランディングには、病院の特徴やイメージを広める働きがあります。どんな診療を行っている、どのような病院なのかをブランディングにより周囲にはっきり伝えられると、より多くの患者から選ばれやすくなるでしょう。

また、病院の雰囲気や病棟、設備、地域との関係性といった病院のイメージを明確にすると、院内にも良い影響を与えられます。スタッフが提供するべき医療サービスの方向性をつかみやすくなり、業務への責任感を持てるなどのメリットが得られます。適したブランディングは患者の増加や優秀な人材の確保、病院の経営安定化にもつながるでしょう。

病院のブランディングで対策ができるポイント

病院のブランディングでは、病院の口コミや病院スタッフ、設備、治療の技術などについて病院のイメージを形成できます。病院の良いイメージが周囲に認識されると、病院の経営改善に役立ちます。

病院自体の口コミ

インターネットやSNSの普及により、身体の調子が悪くなったときには病気の原因や医療機関をインターネットやSNSで調べる人が多くなっています。

医療機関の情報サイトには、口コミも掲載されていることが多いので、情報と同時に実際利用した人の声の確認も可能です。利用者の口コミからは、病院で診察や治療を受けたときのリアルな感想がわかります。口コミでは、診療科や施設設備のようにパンフレットに載っている情報はもちろん、病院の雰囲気や患者への対応、治療内容や専門性など、病院側からもアピールしたい情報まで伝えられます。

実際の患者からの口コミは重要な選択基準のひとつです。リアルな口コミ内容は信用性が高いため、良い口コミ評価をたくさんもらえると病院のブランディングを成功させるために役立つでしょう。

病院スタッフに対する評判

病院の医師や看護師、受付・ジムスタッフの対応は患者からの評判に影響します。医療機関には医療の提供場所というだけでなく、サービス業的な側面もあるため、病院スタッフの評判は病院選びの基準にもなるので注意が必要です。

従前から患者への医師の対応が問題視されるケースは多く存在します。看護師や受付など病院スタッフの態度に患者が不満を感じる場合もあるでしょう。医療機関においては、限られた時間でスタッフが何十人もの患者とコミュニケーションをとり、医療サービスを提供しなければなりません。そのため、健康に不安を感じている患者に対して時間をかけて丁寧に説明を行うことができず、患者への対応の悪さへとつながります。

病院の利用者や関係者は、病気やケガの治療を受けるとき、相談するときにあたたかい対応を求めています。スタッフが日頃から患者に対してどのように対応するべきかは、病院が目指している雰囲気やイメージなどを明確にするブランディングにより浸透させられるでしょう。

病院施設・設備

病院の施設や医療設備は、提供できる医療サービスの質に関係します。先進的な治療を取り入れて質の高い医療を提供するためには最新の機能を備えた設備が必要で、病気やケガにより動きが不自由な利用者のために、快適で安全性の高い環境を整えることも大切です。充実した設備を有する病院ほど幅広い施術に対応できるので、より多くの患者を診ることができるメリットがあります。

医療施設にはさまざまな病気の患者が診療に来るので、ウイルスや菌が存在する恐れがあります。新型コロナウイルスなどの感染症への感染は、利用者が受診する際の不安要素のひとつです。常に感染防止対策を徹底し施設内の安全を保っていると、誰もが安心して通院できるでしょう。

院内の照明やインテリア、空調設備など、快適な環境を維持する設備にも注意が必要です。体調を崩している患者にとって、待合室で診察まで快適に過ごせることは病院を選ぶときのポイントにもなります。利用者に選ばれる施設・設備を備えてブランディングを行うと、利用者の増加や満足度アップにつながります。

治療の技術

病院・クリニック・歯科医院では、主に治療や健診などの医療サービスを提供しています。その医療サービスが利用者の必要としている治療内容や診療科の専門性、技術の質を満たしているかどうかは、病院の選び方のなかでも重要な指標です。内科や耳鼻科、アレルギー科、また、歯科医では一般歯科、小児歯科、矯正歯科、審美歯科など、診療科の違いによっても専門性や必要な治療の質が異なります。

実際にこれまでの治療や手術の実績データを医療医術の目安として示したり、「痛みの少ない治療」「通院期間が少ない治療」などどのような治療を行っているかを示したりすると、治療技術の高さが伝わりやすいでしょう。
治療技術のブランディングにより、患者が必要とする治療を提供している、適した病院を選ぶことが可能になります。

病院のブランディングの事例

病院のブランディングを実際の事例から確認していきましょう。ブランディングにより医療法人全体の理念が統一された、スタッフの対応が改善されたなど、メリットにつながったケースです。

事例1: 医療法人社団海星会様

千葉県に5つの歯科医院と歯科技工所を持つ「医療法人社団海星会」様の事例では、ローカルフォリオにより運用広告を行い、電話での問い合わせ数や来訪患者数の増加を成功させています。

全医院が駅近くの好立地に位置していることや、営業時間は平日22時まで営業、休日(土日)にも診療が可能なことから、利用しやすい病院というイメージを形成するブランディングを行いました。

営業時間を気にする必要なく、夜間や休日にも通える便利さはとても魅力的です。自社サイトでは、グループ全体の営業目標や治療の特徴、診療方針などが明確にされています。「痛みの少ない治療」「殺菌・滅菌の徹底」など、安全面や医療技術についてもわかりやすく紹介しているため、ブランディングされている特徴から歯科医院を探している利用者へのアピールが可能です。

事例2: BRISTO DENTAL CLINIC様

 BRISTO DENTAL CLINIC様の事例では、まずはローカルフォリオによる運用広告の支援を利用することで、患者数を増やしました。ローカルフォリオによって治療に関する問い合わせが増加したのちは、問い合わせを初診につなげるまでの対応にブランディングが活用されています。

電話での対応についてマニュアルを整備してからは、顧客のニーズに応えられる対応を周知、対応の改善につなげています。ブランディングにより、高い技術力と最新設備、快適な空間に質の高い対応など利用者からの満足度を高めて、選ばれる歯科医院としてブランドを維持し続けています。

まとめ

病院の市場が変わりつつある現在、ブランディングは市場の変化に対応するため欠かせない営業活動です。ブランディングでは病院の特徴を正しくアピールすることが大切です。ローカルフォリオを活用してブランド形成を成功させることで、病院の経営健全化にもつながるでしょう。病院のブランディングを考えている経営者の方は、ぜひローカルフォリオのご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

株式会社ローカルフォリオ

リードプラス株式会社

地域に根差している企業の皆様から当社に寄せられる質問・相談や、インターネット広告の成果改善に関わる、さまざまな運用ノウハウを中心に、企業の成長に役立つ情報を発信中。


RECENT POST「Web集客のヒント」の最新記事


病院やクリニック、歯医者のブランディングとは?必要な理由や具体策を紹介

地域に根差している企業だからこそのインターネットマーケティングを
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インターネット広告ご相談専用ダイヤル

電話受付時間 10:00 ~ 18:00

急ぎ、TV会議・訪問商談を希望の方は
コチラから日程調整をご相談下さい

無料集客相談
・施策提案希望

既に広告予算や施策が決まっていて、
より具体的な相談の方はコチラ

指定予算における
シミュレーション希望

事例ページに記載のない導入事例など
他の事例を確認されたい方はコチラ

導入事例の
詳細説明希望

※同業他社の方の事例請求はお断り致します。予め、ご了承ください。